本文へスキップ

   黒川税理士事務所・千葉県千葉市の若い税理士事務所で税務調査対策を!

電話でのお問い合わせはTEL.043-252-0001

〒263-0054 千葉県千葉市稲毛区宮野木町1057-1ドットコム2F

税務調査対策


私どもの税務調査実績ついて   税務調査解説YouTube 四コマ漫画で税務調査 
     
【まずは、平成25年から29年の税務調査の立会実績】 
 
【平成25年から29年の税務調査の立会実績】
■平成25年5月22日A社税務調査立会 ⇒無事終了
■平成25年8月22日B社税務調査(国税局)立会 ⇒無事終了
■平成25年9月13日C社税務調査立会 ⇒無事終了
■平成25年10月2日D(個人)税務調査立会 ⇒無事終了
■平成25年10月15日E社税務調査立会(国税局扱い)⇒無事終了
■平成25年11月12日F社税務調査立会
【所轄税務署から国税局審理担当扱いに】⇒無事終了
■平成26年1月22日G社税務調査立会 ⇒無事終了
■平成26年3月10日H(個人)税務調査立会 ⇒無事終了
■平成26年7月3日I(個人相続税)税務調査立会 ⇒無事終了
■平成26年8月1日 J社税務調査立会⇒無事終了
■平成26年9月11日 K(個人)税務調査立会
■平成26年10月10日 L社税務調査立会⇒無事終了
■平成26年10月16日 K(個人)税務調査立会 ⇒無事終了
■平成26年10月31日 N(個人)税務調査立会
⇒【還付のための更正の請求中!】
⇒27.1.15無事終了
■平成27年2月9日 M社税務調査立会⇒無事終了
■平成27年4月10日 O社税務調査立会⇒無事終了
■平成27年8月7日 P社税務調査立会⇒無事終了
■平成27年8月19日 q社税務調査立会⇒無事終了
■平成27年10月7日 R個人税務調査立会
■平成27年12月3日 S法人税務調査立会⇒無事終了
■平成27年12月10日 T個人税務調査立会⇒無事終了
 ■平成28年1月6日 R個人税務調査立会
 ■平成28年4月1日 S法人税務調査立会⇒無事終了
 ■平成28年6 月27日 R個人税務調査協議⇒無事終了
 ■平成28年9 月9日 T法人税務調査⇒無事終了
 ■平成28年9 月23日 U法人税務調査⇒無事終了
 ■平成28年11月29日 午前から V個人税務調査⇒無事終了
 ■平成28年11月29日 午後から W個人税務調査⇒無事終了
 ■平成28年12月9日 午後から X個人税務調査⇒無事終了
 ■平成29年3月23日 Y法人税務調査⇒無事終了
 ■平成29年3月24日 Z法人税務調査⇒無事終了
 ■平成29年10月27日 相続税税務調査
 topに戻る

 平成28年11月2日 会計王ソリマチ様主催税務調査講演会終了!
平成28年11月5日現在
 
   
 
11月2日東京の会計王(会計ソフトメーカー)のソリマチ様本社で、税務調査セミナーを実施させていただきました。
ソリマチ様とのコラボ講演会は、毎年実施しているのですが、このような番組形式で実施するのは、昨年の確定申告テーマで実施して依頼だったので、多少緊張をしましたが、後はいつものペースで::::
  



 ソリマチ会計王主催千葉で税務調査対策セミナー終了
平成26年9月4日現在【満員御礼!】
     
 千葉の商工会議所13階で、会計王のソリマチ様と社会保険労務士の曽我先生主催の税務・労務・給料王の利用方法のコラボ講演会を実施させていただきました。

店員30名限定でしたが、当日は約40名近くの方々にご参加いただき、本当にありがとうございました。

曽我先生やソリマチ様とのコラボもこれで何度目になるのでしょう!とにかく曽我先生からはサービス残業をテーマに、私は中小企業の税務調査対策をテーマ(この1年弱で10件の税務調査立会をしております。)に、そして会計王のソリマチ様からは、給料王の操作指導などの講演内容でした。

最後に、ご参加をいただいた皆様、お疲れ様でした。

 


「26年7月3日!税理士&労務士のコラボ講演会!」
会計王のソリマチ本社で「税務調査対策セミナー」
平成26年7月8日更新
   


当日の講演会の様子 by YouTube

  「26年5月9日!税理士&労務士のコラボ講演会!満員御礼!」
平成26年5月12日更新
   

 当日は、机がたらなくなるぐらいのお客様が集まり、無事に終了。
アンケートの内容をみて、「とってもわかりやすかった」「時間が短く感じた」などなど
とてもうれしい評価が多かったので、ひとまず安心しました。



 topに戻る
税務調査対策セミナー ソリマチ株式会社主催
平成25年4月19日 開催の様子


 私どもは、全力で顧問先様の税務調査に立ち向かっております。それは、納税者の権利を擁護するためにです。
 それは、学校の先生が生徒様を守ることと、どこか似ているかもしれません。
 私たちが月次を通じて顧問先様と一体となっていますから、日々が「税務調査対策」を実施しているのでしょう。

   topに戻る
 
どんな書類を何年保存?


税務調査で困らないためには!日々どうする?

節税対策には順序がある!
   topに戻る
今度、税務調査がありますが、
調査を受ける際に、調査官がチェックする箇所を教えてください。
調査官は事前にすべてを知っている!

@棚卸資産の計上洩れ等は?

A売上、仕入の計上時期のズレ

B反面(取引先)調査からの計上漏れは?

C役員又は、役員の家族等に対する経済的利益の供与は?

D消費税の課税区分は、適正か?

E交際費、会議費、福利厚生費等の中から個人に帰属すべきものがないか?

F役員、役員の家族等への給与等は、適正額?

G源泉徴収の発生する可能性のある個人の外注先は?

H役員、従業員の社宅は適正額を徴収していますか?

I名前の出せない取引先はないか?

J領収書等の管理は適正か?

K個人の通帳に、会社に入金すべきお金が入っていないか?などなど…。

消費税、源泉所得税(この税の共通点は”預り税”という点)は、会社が赤字であろうと発生致します。よって、現在の調査では、黒字・赤字法人に関係なく調査対象とされると思われます。

今度、税務調査がありますが、
調査を受ける際に、気を付けることを教えてください。
第一条…つねに平常心であること

第二条…たわいない雑談に注意せよ

第三条…態度は卑屈でなく尊大でなく

第四条…余計なものは出さない、話さない

第五条…解釈上の問題は主張すべきは主張すること

第六条…ある程度のことは認めること

第七条…ゴマカシきれないと覚悟する

第八条…余計なものはかたずけておく

第九条…対応では怒ったら負け

第十条…相手も人間を念頭に


売上や経費での事前チェックポイント
売上
-------------------------------------------
@棚卸回転率、売上差益率は前期又は同業種の業績と比較しておかしくないか?
A月別売上の状況からみておかしな月はないか?
B売上の伸び(減少)をそれに対応する原価及び費用の比に問題はないか?
C仮受金、前受金のなかに当期の売上に計上すべきものはないか?
D売掛金の回収状況に問題がないか?

売上原価
-------------------------------------------
@売上との関係で仕入状況に異常はないか?
A棚卸高の前年比で問題はないか?又、増減が著しい場合にはその原因は?
B期末直近での仕入状況と棚卸高との内容を比較照合した?

外注費
-------------------------------------------
@外注費ごとでの出来高を前年対比で検討し異常な増減がないか?

A一人親方に該当するものはいないか?

人件費
-------------------------------------------
@住宅の貸与、食事代に対する課税洩れは?
A現物給与(経済的利益)などを含めて課税漏れは?
B通勤手当の額は適正か?
C福利厚生費と給与のバランスに問題はないか?
D自社製品の値引き販売、無償支給はないか?
E金銭の無償又は、低利融資はないか?
F各種の保険加入は適正か?
Gタイムカードなどの関係資料が残っているか?
H国内、海外旅行などはあったか?
I退職者に関して在職していた記録が残っているか?

保険料
-------------------------------------------
@保険契約などに基づいて適正に積立と掛捨てが区分されているか?
A保険料の中に給与(経済的利益)となるものはないか?
B未経過保険料の計算が適正になされているか?

修繕費
-------------------------------------------
修繕費を資本的支出をの区分が適正になされているか?又、その処理の裏付は?

交際費
-------------------------------------------
@経営規模、取引の慣習、取引競争関係、交際費の必要度、目的から問題はないか?
A交際費の伸びと業績の伸張との関係はどうか?
B個人が負担すべき費用が含まれていないか?

寄付金
-------------------------------------------
寄付をしたからといって、全て経費になるというわけではありません。
今期の寄付状況は!

資産や負債での事前チェックポイント

現金預金
-------------------------------------------
@金銭出納帳はきちんと記録されているか?
A現金過不足の処理はどのようにしているか?
B現金保有高は妥当か?
C各種預金については残高証明を一致しているか?
D当座預金の借越の範囲を確認しているか?

売掛金、受取手形、未収入金
-------------------------------------------
@受取手形と売掛金の合計に対して、支払手形、買掛金の合計が比例しているか?
A売掛金、受取手形、未収入金の相手先の照合は妥当か?
B売掛金の回収状況におかしな点はないか?

仮払金
-------------------------------------------
@原因不明又は使途不明金はないか?
A取引未完結又は事故付きのものはないか?
B役員又は従業員に対する個人的な支出や貸付金等はないか?

仮受金
-------------------------------------------
@収入として確定しているものはないか?
A前期と比較して著しく増減していないか?

借入金
-------------------------------------------
@前期を比較して増減があればその理由は?
A借入金を支払利息のバランスで矛盾はないか?
B無名会社、無名個人からの借入はないか?

上記は、事前チェックポイントの一部ですが、無事に調査が終了することを影から応援しております。

 税務署も税務調査前に利用をしているインターネットアーカイブ!
=========================================
◇【黒川会計】『税務署も利用しているインターネットアーカイブ』◇
=========================================

いつも大変お世話になっております。Support黒川会計です。

今日の朝一番で、自社の税金のくろちゃんのサイトを誤って削除をしてしまいました。

そこで、ページ構成を調べるために利用したのがインターネットアーカイブです。そこで今回は税務署も利用しているインターネットアーカイブについて簡単にご紹介をさせていた
だきます。

┌───────────
│●インターネットアーカイブとは?
└────────────────────────

インターネットアーカイブとは、企業のホームページはその時々によりデザインや内容が更新されて現在のものとなっておりますが、例えば今から10年前のホームページはどうだったか?など覚えている社長様はいませんよね!

しかし、このインターネットアーカイブを利用すると過去のホームページが表示されるのです。この会社が定期的に企業のホームページのキャッシュを取得して過去のページを表示しているのです。

インターネットアーカイブ
=↓======================================
https://archive.org/index.php

このサイトで企業のURLを入れて、カレンダーが出てきますので特定の日にちをクリックするとその日のホームページが表示されます。お手すきの方は、自社のホームページがどうだったか!など懐かしいページが表示されたりもしますので、ぜひお試し下さい。

┌───────────
│●税務署がどのように利用をしているのか?
└────────────────────────

では、税務署がインターネットアーカイブをどのように利用をしているのか?以前の税務調査でも担当者が、「○年○月には従業員が何名で○○取引先があったようですが、現在で異動がある原
因はなんでしょう?」と聞かれました。

私が、「なんでそんな過去のことを詳しく分かるのか?」と尋ねたところ、このインターネットアーカイブを利用して過去のホームページから従業員数やその時点での取引先をチェックしたとのことでした。 我ながら、感心したことを覚えております。

┌───────────
│●最後に:::
└────────────────────────

ネット社会では、どのようなサイトやツールで会社が調べられ
ているかわかりません。私自身もブログの内容やホームページ
の更新には注意をしております。

それは、税務署も見ているという前提で作成をしております。

『税務署も利用しているインターネットアーカイブ』でした。

では、お仕事頑張って下さい。

Support黒川会計
 
税務調査官だって、普通の人間です!

よくお客様も 「調査に来た方に独身ですか?」などと質問をすると、「えっ まぁ#」 と頭をさわりながらなどという感じです。そう、実をいえば 調査官も”普通の人”なんです。

 ですから、必要以上に緊張する必要もなく 媚を売る必要もないわけです。なんだか、特別な訓練を受けた別人と考えている方がいらっしゃいますが、そんなことは一切ありません。もしも疑うのであれば、調査の際に聞いてみてください。

そして、私は税務調査って必要だと思います。だって、国民の税金で専門の人たちが会社を良くする為に来てくれるのです。昔ですが 、税務調査で従業員の横領が発覚した!という話を聞いたことがありました。そうです、調査を通じて、会社内部で惰性になり注意や管理がズサンであった部分を指摘してくれ、今後 このようなことでは会社が存続しませんよっ#などと厳しい言葉もいただけたりします。

もちろん、会計事務所にとっては、納税者の方々がお客様であり、国から税務調査でお金をいただけたりはしません。ですから納税者の見方ですが、中には調査が終わって 今回の調査は本当にいい調査だった!というものもありますので、あまり嫌がらないで下さいね。

「あの〜 独身ですか?」 「失礼ですが、おいくつですか?」 などと・・・。

最後に:::

私が独立をして13年が経ちますが、今年は過去最高に税務調査が多い年となっています。
でも、税務調査が終了すると必ず顧問先様から、「先生、ありがとうございました!」と言っていただいてます。

それは、たぶん税務調査の立会いの際に、必死に頑張っている姿をどこか、みてくださっていると感じます。

だから、私は税務調査は大好きです!

もちろん、調査をする人だって、同じ人間で、ある意味同じ立場の方々です。一生懸命、社員の不正がないか!誤った処理はしていないか!などを調べてくれるんですから!

だから、ありがとう!税務調査 なんです。

税理士:黒川豊
   topに戻る

shop info店舗情報

黒川税理士事務所

〒263-0054
千葉県千葉市稲毛区宮野木町1057-1ドットコム2F
TEL.043-252-0001
FAX.043-252-0028


黒川税理士事務所の求人募集